Skip to content

大王製紙、北越紀州と資本提携交渉 創業家

November 22, 2012

製紙業界4位の大王製紙と同5位の北越紀州製紙が資本提携交渉をしていることが20日、わかった. 大王は、前会長による巨額借り入れ事件を受け、創業家と経営陣が対立. 北越紀州は創業家が持つ大王株を買い取り、持ち株比率約2割の筆頭株主になる方向だ. 資本提携が実現すれば、王子製紙、日本製紙グループ本社に次ぐ「第3極」のグループが誕生する. 大王は20日、「創業家及び北越紀州製紙との間で交渉中であることは事実だが、現時点で具体的には何ら決定していない」とのコメントを発表した. 大王は、井川意高前会長が関連会社から巨額の資金を借りて、カジノで使っていたことが発覚. 父親の井川高雄氏が顧問を退くなど創業家が大王本体からは退陣した. 英紙盗聴、ロウさんらに賠償金支払いへ ニ だが、グループ18社は、株式の大半を創業家が保有. MサッカースパイクBT 靴 大王の経営陣は株式を譲渡するよう求めたが交渉は決裂していた.

Advertisements

From → Uncategorized

Leave a Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: