Skip to content

指針違反の受精卵診断、医師の処分検討へ

October 27, 2012

神戸市の産婦人科医院が、日本産科婦人科学会の指針(会告)に違反して、学会が定めた対象外の受精卵診断を行っていた問題で、同学会は27日、「決して容認できない」との声明を出し、処分を検討する考えを表明した. 全ての染色体を調べる新しい手法について「まだ研究段階」と、効果を疑問視した. 診断をしていたのは、神戸市中央区の「大谷レディスクリニック」(大谷徹郎院長). 学会に申請せず、染色体の数の異常などを調べる診断をしていた. 受精卵診断について、同学会は重い遺伝病などに限って、個別に審査した上で認めている. フィギュア銅・トランの国籍変更、自民が後 UGG メンズクUGGブーツ 通販ラシックミニブーツ ブラック 廃炉作業阻むがれき 福島4号機・建屋内部 同医院による診断は対象外で、同学会は、外国での九つの比較研究の結果から、「妊娠率の向上に寄与しないことは明らか」との見方を示した.

Advertisements

From → Uncategorized

Leave a Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: